結婚がなぜ重要なのか「同性婚のリーダーとして活躍するJohnさんの見解」

サンフランシスコ出身の弁護士、ジョンさんは自分のストリーを伝えてくれました。
楽しい時もあり、下り坂なエピゾードもあり、とてもドラマチックで上手に語ってくれました。

LGBTの方々だけではなく人間として、社会的な権利の当たり前である個人自由を守るため、今まで勝ち取ったバトル、これから戦わないといけないバトルも話をしながら、とても自然で親しみ感を感じさせるジョンさんとグレッグさんの愛が分かり易く伝わってくれました。

ジョンさんの卓話は英語でしたが、朝日新聞の花房 吾早子さんとも一人の通訳者の和訳はとてもレベルは高くて、細かいニュアンスも完璧に伝わりました。

この企画は BGM株式会社は100%プロデュースをして頂きました。(ポンテは場所提供にみ。)詳しくは: http://www.bgm-global-asia.com

Lesbian・Gay・Bisexual・Transgender ではない人だからこそ、問題点を理解し、差別をよこに置いて日本でもLGBTの権利のために戦って欲しい。
「同姓結婚」が社会的にいいか悪いかの問題ではなく、 「自由」、「人権」そのものの問題です。

僕も日本に住んでいるイタリア人、ハーフの子供を持つ父親として、よく「普通って何?」に関して疑問に思うことがあります。白人だから何?黒人だから何?LGBTだから何?
いい人で、相手の個性をリスペクトできる人なら性別、国籍、人種、 宗教 、ラーメン好き、うどん好き、何も関係ないじゃないですか?

ジョンさんの話、情熱を体験して、それこそ「みんあ違って、みんないい」と思いました。

結婚がなぜ重要なのか「同性婚のリーダーとして活躍するJohnさんの見解」」への2件のフィードバック

  1. 市耒晃次 返信

    トリーニさま
    一般社団法人グローバル・ワンネスの名誉顧問ジョン・ルイスさんの講演会・交流会では大変お世話になりました。
    お陰様で、PONTEの理念「貴方と貴方の夢の架け橋」に相応しい形で開催することができました。 偏見・差別のない共生社会をつくる架け橋として、大変有意義なひと時になり、参加者全員の方たちが大きな気づきにつながったと思います。
    トリーニさんと一緒にスタートした”PONTE PROJECT”としても、今後の活動に励みをつける位置付けになったと捉えています。
    PONTE(架け橋)の存在を世界に発信する大きなきっかけにもなったと思います。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  2. iacopon 投稿者返信

    市耒さん、
    こちらこそ、ありがとうございました!
    大変レーベル高い企画を組んで頂き、さすがですね!
    今後とも頑張りましょう☆彡

市耒晃次 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です